トップページ 

マイヤー 電子レンジ圧力鍋わたしがマイヤー 電子レンジ圧力鍋を 『 欲しい 』 って思った理由は、まず圧力鍋だったからです。

ずっと圧力鍋が欲しいと思っていたのですが、それが電子レンジで出来ると聞いたときに 『 これだ! 』 って思ったのですね。

それからデザインもイイし、色合いもイイし…。

ですから 『 どんな口コミがあるかな 』 と思って口コミを集めてみたと言うわけなんですね。



このサイトでは 『 わたしも欲しい! 』 と言う視点で、楽天やアマゾンをはじめに、いろいろなところから口コミを集めてそれを考察してメリットデメリットをあぶりだしています。

あなたのご購入の参考になれば…ホント、嬉しいです。


マイヤー 電子レンジ圧力鍋とは?

マイヤー圧力鍋は電子レンジで使う圧力鍋です。

TVや雑誌などで何度も取り上げられている、ご存じ、大人気商品です。

もともとはアメリカのキッチンメーカーである 『 マイヤー(meyer) 』 の製品で、アメリカだけではなくて、 ドイツや韓国などでも大ヒットした商品なんですね。

マイヤー 電子レンジ圧力鍋は電子レンジにすっぽり納まります! メーカーの調べだと、累計10万台以上の大ヒットキッチンアイテムなんだそうです。

とは言っても、一朝一夕に出来た商品ではなくて、実は開発から商品化までは10年の歳月がかかっているそうです。

考えてみればそれもそのはずで、鍋の中に高い圧力をかける圧力鍋を電子レンジで使う…と言う発想ですから、 安全性について実験検証を重ねる必要があったのですね。


もちろん、日本で販売するにあたっては、日本の電子レンジ向けにサイズをコンパクトにして、 さらに日本の厳しい安全基準に適合するようにしたそうですから安心ですね。



メーカーが打ち出している特徴、そしてスペックは?

メーカーが打ち出している特徴と商品のスペックをチェックしてみました。

まず、最初はデザインについてです。

マイヤー 電子レンジ圧力鍋・カラフルな色合いで、楽しくなりますメーカーでは、いままでの圧力鍋にない可愛いデザインと言っています。

確かに、赤やピンクなどの色合いは、普通のステンレスなどの圧力鍋にはないカラフルな色合いですね。

また、デザイン自体もけっこう洗練されているように思います。ですから、いままでの圧力鍋のイメージを変える、かなり大胆な商品と言えますね。




次に圧力鍋としての性能です。

圧力鍋と言うことで販売をしてはいますが、メーカーでは本格的な圧力鍋と言う打ち出しではなくて、あくまでも圧力鍋の特徴を電子レンジでできるようにした商品と言う位置付けのような感じがします。

ですから、一般的な圧力鍋のように高圧にはならずに、低圧での調理器具と言うことをしっかり示しています。

ちなみに圧力は約1.27気圧です。これは一般的な圧力鍋に比べるとやはり低圧と言えますね。



次は、軽さと取り扱いの良さです。

普通の圧力鍋に比べてはるかに軽く、狭い台所でも取り回しがよく取り扱いやすいと言うことです。

重さは650gで、容量が2.3Lですから、思ったより小ぶりで後片づけや洗う手間も軽減できそうです。



そしてもうひとつの特徴は時短ができることです。

電子レンジに入れたら、基本的にはそのまま放っておくことが出来ます。

普通の圧力鍋のように火を使っているわけではないので、常にそばにいる必要もないし、電子レンジのタイマー機能がそのまま料理の仕上がりのタイマーの役割を果たすと言うわけです。ですから、同時に別の料理や家事をすることもできますね。



ちなみに商品スペックはこのようになっています。

  • 材質:PP(ポリプロピレン)
  • サイズ:幅260×奥行220×高さ125(mm)
  • 重さ:650g
  • 容量:2.3L
  • 生産国:インド
  • 付属品:蒸し板、津力表示用弁スペア、レシピ集


マイヤー 電子レンジ圧力鍋のフタは開けずらい?

マイヤー 電子レンジ圧力鍋の口コミで、いちばん多く目についた口コミが 『 フタが開けずらい! 』 です。


フタの開けずらさについて、例えばこのようなクチコミがありました。

  •  フタの開け方にコツがいる
  •  ふたがあけにくいのが難点
  •  ふたの開け方がわからず、ふたを開けるのに苦労した

なぜこのような口コミが多いのかと言うと、取り扱い説明書が鍋の中に入っていて、しかもフタががっちりと閉まっているからです。

このフタは少し開け方にコツと慣れが必要なようです。ですから、はじめて手にした人の多くが、開け方がよく解らなかったようなんです。中には、フタの開け方がわからずにメーカーへ問い合わせをしたと言う方もいましたね。

しかし、2012/09現在では 『 フタの開け方説明 』 と言う小紙が添付されているようです。ですから、少し前の口コミではフタが開けずらいと言う声が多いですが、最近の口コミはそれが無くなっています。


でも考えてみれば、圧力鍋の場合はフタの構造と言うのは安全性にも関わってきます。ですから、しっかりと閉まるようになっていると言うのは逆に安心感があったりしますね。

ちなみに、調理中は内圧がかかってるので開かない仕組みになってるそうです。



マイヤー 電子レンジ圧力鍋でお米を炊くと後が大変?

料理を実際に作って口コミを書いている人の中で『後が大変!』と言う声が多いのがお米を炊く場合です。


多くの購入者さんが口コミの前に試しに何か料理を作っていますが、その中で多い料理がまずは豚の角煮。そしてポテトサラダを作るためのジャガイモの下煮。そしてお米を炊くことです。

お米を炊いた方に共通している口コミが 『 ふきこぼれ 』 の問題です。

例えば…

  •  お米を炊くとふきこぼれが気になる
  •  お米のネバネバした水蒸気がレンジの中全体にべったり
  •  すぐレンジ内を掃除しないと大変!

などの口コミです。

マイヤー 電子レンジ圧力鍋・お米を炊くと後が大変!? さらに、あまりのふきこぼれのためにそのたびにレンジ内の掃除が面倒になって、ついには仕舞いこんで使わなくなってしまったと言う方もいました。

口コミでは 『 ふきこぼれ 』 と多くの方が言っていますが、圧力鍋でふきこぼれは安全と言う面では不安ですね。

たぶんこれは 『 ふきこぼれ 』 と言うよりは,、圧力を逃がす調整弁を通して出る蒸気のためではないかと思われます。


また、肝心のお米の味については…

  •  自宅の圧力IHで炊くごはんの方が数倍おいしい

と言う方もいれば…

  •  お米が立っていて炊飯器よりも美味しい

と言う方などさまざまです。

まあこれは、水加減やお米の洗い方、またレンジにかける時間などによって差があると言うことが言えそうです。

だたし、お米を炊くときに付属レシピ通りの時間とワット数で炊いても、どうしても上手くいかずになかなか美味しく炊くことができないと言う方もいました。

ですから、ちょうど良い感じでお米を炊くには、ある程度の試行錯誤が必要かも知れませんね。



付属レシピに記載の時間では上手く料理できない?

マイヤー 電子レンジ圧力鍋には付属の料理レシピが付いていますが、そこに書いてある調理時間ではダメなようです。


料理を実際に使って作った人の口コミの中で特に共通していることは、付属のレシピの時間では上手く仕上がらないと言うことです。

例えば…

  •  付属レシピの倍の時間調理しても普通の柔らかさ
  •  カレーを作ってみましたが表示されてる時間では無理
  •  レシピ通りの時間だとお肉がまだ固い

などの口コミです。まあ、電子レンジ自体の性能や古さなどもありますから、一概には言えないところではありますが。

マイヤー 電子レンジ圧力鍋・カレーは時間をかける必要があるかも? 先ほどの口コミの中のカレーなどは…

  •  肉が500Wで9分では生に近い。20分ほどでやっと柔かくなった

と言う口コミもありました。付属レシピにある9分と実際の料理にかかった20分ではだいぶ差がありますね。



総じて付属のレシピに記載されている時間が短めに書かれているような感じがします。

これはちょうど、不動産物件で駅から徒歩5分と書いてあっても、実際に歩いてみるとそれ以上時間がかかるような感じ…なんでしょうか。


ちなみに付属のレシピについての口コミとして…

  •  メモみたいに小さくて見づらい
  •  レシピに写真がない
  •  付属のレシピをもう少し充実させて

と言う口コミがありました。



マイヤー 電子レンジ圧力鍋は圧力鍋と言えるの?

圧力鍋と言う名前がついていますが、圧力鍋としての実力についての口コミをチェックしました。


結論から言うと、ステンレスなどの普通の圧力鍋の力には及ばないと言うのが多くの口コミに共通しています。

例えば…

  •  スジ肉とかを軟らかくするほどの圧力はかからないようだ
  •  普通の圧力鍋を使っている私には、ちょっと物足りない

などの口コミがありました。

さらには少し辛口で…

  •  これは圧力鍋ではありません。
  •  圧力鍋というより、単なる電子レンジ蒸し器と考えたほうがよい
  •  この値段ならステンレス製圧力鍋を買いましょう
  •  普通の圧力鍋だと思い購入するとがっかり

と言う口コミもありました。

これは、期待値によって大きく違うところですね。つまり、どのくらい圧力鍋として期待をして購入したのかと言うことです。

先のような口コミをされた方の多くが、圧力鍋としての性能を求めての購入のようです。


ところが逆に、電子レンジ調理グッズとして、例えばルクエの製品などのシリコン系電子レンジ調理グッズの延長と考えて購入した人には、かなり良い評価になっているのが実際です。

例えば…

  •  調理の原理は従来のシリコン調理器と同じ
  •  本体がしっかりしている
  •  ふにゃふにゃのルクエより断然いい
  •  フタが圧力鍋のようにガッチリと閉まる

などの口コミです。

最後の 『 圧力鍋のように… 』 と言う口コミは、まさにこれを圧力鍋とは考えて購入していないと言える口コミですよね。



マイヤー 電子レンジ圧力鍋はしっかりしていて軽い!?

商品自体についての口コミの中で多かったのが、本体がしっかりとしていて、かつ軽いと言う口コミです。


例えば…

  •  器具が軽いので取り扱いが断然楽
  •  通常の圧力鍋よりも片付けが楽
  •  軽いから洗うのが簡単
  •  お手入れがしやすいのでデイリーユース

などの口コミです。

マイヤー 電子レンジ圧力鍋は、本体やフタの材質がPP(ポリプロピレン)です。ですから、ステンレスの圧力鍋などと比べると、格段に軽く、そして取り扱いもしやすいと言えますね。

また、PP(ポリプロピレン)ですから、シリコン製の電子レンジグッズなどとは違うので、より硬く、そして頑丈と言えます。


しかし、PP(ポリプロピレン)製と言うことで、逆にこのような口コミもありました。

  • ピンクを購入。小豆を煮ましたが少し色移りしました
  • 魚などのニオイが移るかどうか少し心配

と言う口コミです。

色移りについての口コミはあまりなかったので、実際のところはわかりません。また臭い移りについてもまだ口コミを書かれた方もそれほど多く使っていないようなので、こちらも明確にはわかりませんね。

ただ、いわゆるプラスチックの臭いについて気になると言う口コミは無かったので、この点は安心できるのかなと思います。

また、間違った使い方をしてしまったと言う口コミもありました。

  • 電子レンジのオーブン機能で使ったら本体が溶けてしまった

まあ、言うまでもありませんが、電子レンジ専用ですからね。


マイヤー 電子レンジ圧力鍋・電子レンジにピッタリ納まる寸法です! マイヤー 電子レンジ圧力鍋の本体のサイズは幅260×奥行220×高さ125(単位はmm)で、重さは650gになります。

もともとがアメリカの商品ですから、それを日本で発売するに当たって日本の台所事情に合わせて小型化したそうです。




ですから、電子レンジにキチンと納まる寸法になっていますし、日本の台所事情に合わせた使いやすいサイズと重さになっているのですね。



マイヤー 電子レンジ圧力鍋をどう活用していくか?

どのように料理に活用していくか? と言うことについて口コミをしている人が多くいます。


例えば…

  •  1〜2人分の調理にちょうどいい
  •  夏場などに少人数分の煮込み料理をするのにはぴったり
  •  臨機応変に使うととても重宝

と言う口コミです。

マイヤー 電子レンジ圧力鍋は容量2.3Lです。ですから結構小さめで、たくさんの料理や大家族の料理を一気に作ることは難しそうですね。でも逆に言うと、少ない人数のご家庭では、大きな鍋を使わずに済みますから便利かも知れません。


また、その小さい容量を逆に利用して、メインに使うと言うよりは臨機応変に使い分けると言う方が多くいます。

例えば…

マイヤー 電子レンジ圧力鍋・野菜などの蒸し料理に活用!
  •  サブ調理器として
  •  蒸し野菜や下処理に
  •  素材の下ごしらえに最適
  •  ちょっとした煮物や味噌汁に
  •  スープなんかをチャチャッと
  •  野菜の蒸し料理や牡蛎の酒蒸しなどに使う

と言う口コミがありました。



さらに、電子レンジ調理グッズであることで…

  •  ガスのときより側にいなくても安心
  •  放置して他の家事をすることができる
  •  時短になる

と言う口コミや、子どもさんの世話をしながら気軽に料理を作ることができると言う口コミもありました。



マイヤー 電子レンジ圧力鍋を口コミから考察します!

マイヤー 電子レンジ圧力鍋の口コミをいろいろと読みましたので、最後にまとめてみます。


マイヤー 電子レンジ圧力鍋の圧力鍋の性能を期待して購入をすると考えると、ステンレスなどの普通の圧力鍋とは比較にならないと言えそうです。

当然ですが、ステンレスなどの圧力鍋をガスで使用した方が、より本格的な料理を作ることができますからね。残念ながら、マイヤー 電子レンジ圧力鍋は低圧ですからそこまでの圧力鍋としては力はなさそうです。

実際にメーカーの説明の中でも、圧力鍋のような高圧にはならず約1.27気圧の低圧で調理とあります。

ですから、かたまりの肉などをしっかりと柔らかくしたり、豚の角煮などをトロトロになるまで煮込んだりするには、力不足というか、もともと時間がかかる設計と言えそうです。低圧ですから、圧力鍋を利用した本格的な料理をつくる設計にはどうもはじめからなってはいないようですね。


しかしこれは、一般的なステンレスなどの圧力鍋と比較をした場合の話しです。

マイヤー 電子レンジ圧力鍋を圧力鍋としてではなくて電子レンジ調理器具として購入することを考えた場合は、シリコン製品のように柔らかなものではなく、本体がしっかりしていて、なお且つ圧力鍋としての基本的な機能も備えていると言えます。

そして、圧力鍋としての機能もありつつ、軽くて取り扱いが楽で、さらに洗うのも楽と言うのは、かなり大きなメリットと言えますね。

また、電子レンジ調理器具ですから、当然火を使わないと言うのも嬉しいですし、電子レンジに入れたら放っておけるということも、時間を有効に使うためには重宝すると思います。


つまり…
圧力鍋とシリコン製をはじめとした電子レンジ調理器具の中間に位置する
そんな商品と言えそうです。


圧力鍋としては物足りないけど…
低圧であっても圧力をかけて料理を作ることができる
時間をある程度かければある程度本格的なものも何とか作れる


そして電子レンジ調理器具として…
本体がしっかりしていて、小ぶりで取り回しが楽で片付けも楽、しかも時短できる


これらを天秤にかけてメリットを考えてみたら良いかと思います。

ただ、このように考えた場合は、圧力鍋ではなくてあくまでも電子レンジ調理器具なんですが、必要な圧力鍋の機能も持ち合わせていると言うくらいに考えた方が購入後の後悔は少ないのではないかと思います。

さらに、メインとして使うだけではなくて、ときにサブの調理器具として、ガスでの料理と併用をしていくことでより料理時間の短縮や効率化がはかれると思います。

このようなメリット、デメリットを考えた上で販売価格とお財布との相談をしたら良いのではないでしょうか。


個人的な結論としては、ルクエなどのシリコン商品の価格を考えれば十分に購入価値のある商品だと思います。



マイヤー 電子レンジ圧力鍋の最安値は?

マイヤー 電子レンジ圧力鍋をどのショップで購入したら良いかを考えてみます。


マイヤー 電子レンジ圧力鍋を具体的にどこのショップから購入するか?ですが、これは完全に好みがあるので何とも…ですね。

まず定価はいくらなのかと言うと5,250円(税込)です。

そこでマイヤー 電子レンジ圧力鍋の最安値を調べてみたのですが、最も安い価格帯が2,900円〜3,100円(税込)くらいです。 (2013年2月の時点の最安値)

ショップによって価格差はありますが、ほとんどが3,000円台の前半の価格ですから、それほど大きな価格差がないので最終的にはお好きなショップでの購入ということですね。

わたしの場合はアマゾンで購入しました。理由は…単純に好きだからです。


アマゾンでなければ楽天市場Yahoo!ショッピングで購入すれば安心ではありますね。

その3つ、アマゾンと楽天市場とYahoo!ショッピングで、【マイヤー電子レンジ圧力鍋】で検索をしてみましたので価格等参考にしてください。


⇒ アマゾンの【マイヤー電子レンジ圧力鍋】の検索結果

⇒ 楽天市場の【マイヤー電子レンジ圧力鍋】の検索結果

⇒ Yahoo!ショッピングの【マイヤー電子レンジ圧力鍋】の検索結果


また、オークションで購入すると言う手もありますね。
ヤフオクにはたくさん出品されていますので参考にしてください。


⇒ ヤフオクで【マイヤー電子レンジ圧力鍋】をチェック


ページのトップへ戻る